お知らせ

日本IVCが、スマート介護(プラス社)の代理店になりました。

2017年06月01日
お知らせ

日本アイヴィーシー株式会社(高橋京子代表取締役)は、文具の総合メーカーである
プラス株式会社(港区:今泉公二代表取締役)と同社が展開する文具発注システム
「スマート介護」の代理店契約を締結しました。
スマート介護は、介護・福祉施設を対象にリハビリ・口腔衛生用品、オムツ、歩行器
などの介護・リハビリ専門用品から文具・事務用品、ゲーム、風船等のレクリエーシ
ョン用品まで約133,000点の豊富なラインアップをカタログやネット注文によって
ワンストップで購入でき、翌日配送します。
製品に加えてレクレーション企画書を無料でダウンロードできるなど、介護現場を
サポートする体制が整っています。

プラスは、元々、アスクルの親会社であり、スマート介護は、同業他社の品揃えや
価格を徹底的に意識した設定となっており、事業所に必ずやメリットをもたらすものと
確信しています。
現在、アスクルやたのめーるで発注をされている事業所には、コストやサポート面で
上を行く、「スマート介護」への切り替えを是非、ご検討下さい。
連作先は、03-5654-2260 高橋までお願い致します。