サービス開始までの流れ

  • 最初の相談窓口は、ケアマネージャーになります。
    居宅介護支援事業所のケアマネージャーとご相談下さい。
    相談とケアプラン作成費用は無料です。

    介護を必要とされる方の状況をご説明下さい。
    必要な手続きを助言し、一部を代行して処理することが可能です。
    (介護認定がなければ、区役所での認定調査申し入れが必要となります)

    ケアマネージャーは青戸事務所にいます。
    このビルの1階です。

  • 認定が降りたら、正式なケアプランの作成です。
    ケアプランは、ケアマネージャーが作成します

    ケアプランに従って、訪問介護・福祉用具のほかに
    デイサービスや訪問看護の利用が可能になります。
    利用者の負担額は、1割または2割となります。
    (前年度所得によります)

    ケアプランに沿って、各事業部の責任者が、
    ご本人やご家族のご意向を反映させ計画書を作成します。
    (訪問介護計画書・個別援助計画書・通所介護計画書など)

  • いよいよ、日々のサービスの開始です。

    スタッフ達は、日々、御利用者様の状態を観察し、様々な形で伝え合うことによって、利用者の安全で快適な生活を実現していきます。

    各部門の責任者は、スタッフに計画書の
    内容を徹底して伝えていきます。

  • ケアマネージャーは、月に一度、利用者のお宅を訪問し、モニタリングを実施します。
    利用者の状態に変化が生じた場合や必要に応じてケアプランを練り直します。
    変更プランに従って最適なサービスをご提供致します。 

  • ご利用者様の笑顔が私達の喜びです。

オフィス/スタッフのご紹介